デザイン変えました! ページが軽くなります! やったね!

Youtube・トレーニング戦車兵というブルーオーシャン

  • 2020年7月26日
  • 2020年7月26日
  • WoT文化
  • 35view

CROWNマスターのtakapeさんのツイートにとても共感した。集団戦界隈は全くわからないが、Twitter界隈の戦車兵で、クランに所属していない人間はほとんどいない。

よって、新しくクランを作ります! と告知をTwitterで撃ったとしてもほとんど意味がない。それこそCROWNほどのネームバリューがあれば違うが、一般的なクランには誰も誘導されないのだ。

Twitter界隈から戦車兵は収穫できない。これは事実である。

 

じゃあどこから戦車兵持ってこようか。Youtubeとトレーニングルームの界隈を提案したい。

 

僕はよく、トレーニングルームで、視聴者となんとなくマップをふらふらするだけの配信を開く。

そうすると、Twitterでは見たこともないような、純真な戦車兵がたくさん集まってくる。

既存のクラン・コミュニティに参加していない人が来る。平均的な年齢は中学生くらい。高校生や大学生、小学生もいたりする。

新しく、どこのクランにも入っていない人材を募集するのであれば、Youtube+トレーニングルームを運用し、そこから若い人を連れてくるのが一番現実的だと思う。

 

もしかしたら、

「いやだ! ぼくは、直近WN8が2000あって、集団戦参加経験がある、18歳以上のプレイヤーを集めたいんだ!」

とか、そういう希望が出てくるかもしれないが、そんなことはできないよ。

あなたのそれは、婚活で高望みされた希望条件、もしくは新卒即戦力を月給18万円で募集する企業の考えに近い。

 

WN8が緑の人は上位10%相当。Twitterにいる戦車兵のほとんどは、日本人プレイヤーの上位10%に入っている。

Twitterにいる戦車兵は、ぼくも、あなたも、かなりレアリティが高い貴重なプレイヤーなのだ。

一般的なプレイヤーは、Twitterで発信する能力を持たないし、お気持ちブログを書こうとも思わない。YoutubeやTwitchで配信もしない。

Twitter戦車兵は全員レアキャラクター。★が3つ以上ついている。一般的なプレイヤーじゃないことを自覚しなければならない。

 

 

実際にクランを立ち上げてやってみたら楽しそう。

部族から出張して、Youtube・トレーニング界隈の戦車兵たちを、Twitter界隈にぶち込むのだ。

Twitter戦車兵・量産計画である。

  • Discordの導入
  • DiscordとVCに慣れるためのTier VI前衛戦
  • Twitterの導入+戦車兵とコミュニケーションがとれるくらいまでのTwitter運用補助

という活動だけ考えたクランを立ち上げ、やってみるとか?

クラン自体は、高校生のときにクラスメイトと立ち上げ、炎上し、爆発したRFJNが残っている。

それを使えばいけそうだ。

 

「集団戦初心者育成クラン」というものがあるのであれば、上の計画は「インターネットコミュニティ初心者育成クラン」となる。

果たしてどうなるのかわからないが、偉大なる族長は、その広い御心をもって、気っと許してくれるだろう。

学生は夏休みに入る。僕は永遠に夏休み。一月くらい、毎日何時間か使って、試してみるのもおもしろそうだ。

ウンバボ族万歳。